キャッシング道場

キャッシングのことならキャッシング道場にお任せ

キャッシングのご利用が難しい人について

Posted on by

キャッシングを現実にするには、審査を通過しなければなりません。そもそも、サービスへの申し込みには通常、決められた資格を備える必要があります。その資格を得てはじめて、審査まで段階を進められるのです。サービス申し込み資格の代表例として、年齢が適合していることが挙げられます。各サービスでは年齢制限を設定しており、20歳から65歳前後が一般的な基準です。もちろん、無収入であってはサービスのご利用が難しいです。また、単発的な収入では安定性に欠けるため、審査に与える印象は良くないでしょう。収入が安定していることがやはり重要です。この条件を満たす人であっても、サービス申し込みが叶わないケースも存在します。たとえば年金受給者の場合には、融資が可能な企業が限られます。もちろん融資が可能な企業であっても、審査時のハードルは高いでしょう。年金受給者であればまずは公的施策のご検討をおすすめします。ところで、専業主婦への融資は実施されるのでしょうか。専業主婦が借り入れを考える場合には、配偶者貸付制度のご活用を視野に入れるはずです。しかし、配偶者貸付の手続きは企業にとって面倒なため、実施しないケースがほとんどです。消費者金融のキャッシングサービスでは、この傾向がより顕著であるため、専業主婦への融資の実現可能性は低いでしょう。各賃金サービスが必要とする条件は異なるため、入念にチェックされてからご利用を考えましょう。

キャシングで借入枠を増枠してもらうためには

Posted on by

キャッシングで、お金がもうちょっとだけ必要だというときに、借入額を増枠してもらうためにはどのようなことに

気を付けたり、条件があれば増枠がしやすいのでしょうか?

今回はその点について紹介いたします。

1 普段からの返済をしっかりとする
やはり、普段から返済をしっかりしておくことがキャッシングをするためには必要なこととなります。
お金を借りる際には、しっかりとした返済が毎回されていて、返済の滞納など行ってしまったようなことがあれば
やはり相手方に信用されない状況を作ってしまいます。
ですので、増枠を認めてもらうには、日々の返済を怠らないことが一番大事です。引き落としでたまたま口座にお金がなかったなど
ちょっとしたミスにも十分に注意しておく必要があります。

 
2 仕事の年収や勤続年数が多い
増枠をしてもらうためには、やはり年収が多いのと勤続年数が多いのがいいです。
勤続年収は多ければ多いほど、安定した職業についているといわれますから、一定の収入を出世などによる返済能力の上昇が考えられます。
年収も多ければそれだけで、返済能力が高いと判断されますので、増枠の請求も通りやすくなります。

 

 

 

3 債務者個人の年収以外の資産にも注目
返済能力は個人の年収だけではなく、生体年収や不動産などの試算も考慮に入れらるものです。
そういった年収以外の面で偏愛できる可能性が高ければ、増枠にも応じる可能性はあります。

このような感じで、キャッシングでの増枠請求が通る条件があります。

総量規制とは

Posted on by

 

キャッシングの世界には、現在総量規制というものがございますが、個々の総力規制とはいったいどのようなものなのであるのでしょうか。

今回はその総量規制についてお話ししたいと思います。

1 総量規制とは
総量規制というものは、個人の借入総額について原則的に年収等の3分の1までに制限されるようになっているものを言います。

少しでも少なくしようとする取り決めであり、キャッシングで安定した状況を作るためにも致し方ないものであります。

2 年収がないためにお金を借りられなくなる人も
総量規制は年収で借りれる量を制限するものでありますから、当然に収入のない専業主婦や無職の方にはお金を貸せないという状況があります。

それによって、お金に困った人たちはヤミ金融に手を出さざるをえず、かえって苦しい生活を強いられてしまうことが起こってしまってることもあります。

総量規制はお金が借りにくい人を作り出してしまっているというデメリットもあるのです。
ただし、銀行系のカードローンなどはこの総量規制に引っ掛からないのでありますから、総量規制でお金を借りれない人にも

一応の救済手段は残されているのであります。(ただし家族などの同意が必要なときもあるため、お金を借りにくい面は残っています。)

このような面が総量規制にはございます。キャッシングをする際にはこのことを十分に理解してから、お金を借り入れましょう。